※口コミ集計※リプロスキンがニキビ跡に効果が出るのは4ヶ月目から

リプロスキンのことが全部わかる!

リプロスキンの「男」の使い方と気をつけるべき3つの注意点とは

ニキビ跡専用の化粧水として、ランキング1位を獲得しているリプロスキン。

これだけ人気がある商品なので、男性の中にもリプロスキンを使ってみたい人が多いのではないでしょうか。

 

リプロスキンを使ってみたいけど、でも効果あるのかな?

リプロスキンを男が使う場合の使い方は?

 

そんな疑問にお答えします。

 

男でもリプロスキンは効果あるの?

結論から言うと、「男性だと、リプロスキンの効果が下がる可能性が高い」です。

その理由は、男性と女性では、お肌の構造が違うからです。

 

男性のお肌の特徴がこちらです。

男性のお肌

皮脂の分泌量が女性の3倍もある。

女性よりも皮膚が厚い。

お肌の水分量が、女性の50%しかない。

 

男性のお肌は女性に比べると、皮脂の分泌量が3倍、水分量が50%しかないので、女性用に作られているリプロスキンを使っても期待するような効果が得られない可能性が高いんです。

 

でも、ニキビ跡用の化粧水としてランキング1位のリプロスキンを、どうしても使いたい男性もいるはずです。

そこで、男性でもリプロスキンが効果的に使える方法を考えてみました。

 

リプロスキンの男の使い方

男性がリプロスキンを使うときに気を付けるべきポイントは、以下の3つです。

男の使い方

洗顔の前に、ぬるま湯で数回すすぎをする。

リプロスキンを使う前に、ホットタオルで毛穴を開いて浸透を良くする。

リプロスキンを付けた後は、しっかりと保湿をする。

 

洗顔の前にぬるま湯ですすぐ

洗顔の前に、36度以上のぬるま湯で数回すすぎを行ってください。

 

36度以上のぬるま湯を顔に付けると、毛穴が開きます。

毛穴が開いた状態で洗顔をすると、毛穴の汚れが落ちやすくなります。

 

男性のお肌は皮脂の量が多いので、洗顔を工夫してしっかりと皮脂の汚れを落としましょう。

毛穴の汚れが落ちた状態でリプロスキンを付ければ、より浸透しやすくなります。

 

ホットタオルを使う

リプロスキンを使う前に、ホットタオルで顔の毛穴を開いてください。

毛穴が開いた状態でリプロスキンを使えば、浸透力が倍増します。

 

ホットタオルは、とっても簡単に作れますよ。

ホットタオルの作り方

タオルを水で濡らしてしっかりと絞る。

タオルをおしぼりのように丸くしてお皿にのせ、レンジで1分チンする(500W)。

 

ホットタオルを作るのはちょっとめんどうですが、男性はお肌が厚いので浸透を良くするためにぜひ実践しましょう。

 

保湿をする

男性の場合には、化粧水を付けた後に保湿をする習慣がない人も多いのではないでしょうか。

しかし、男性は女性に比べてお肌の水分量が50%しかありません。

しかも、リプロスキンのようなニキビケア商品を使った後はお肌が乾燥するんです。

 

保湿をする習慣がない人でも、リプロスキンを使った後は保湿液やクリームで保湿するようにしましょう。

 

リプロスキンをお得に買う方法

リプロスキンは通販専用の商品なので、楽天やamazonで買おうと考えている人が多いと思います。

でも、やっぱり値段が高いんですよね。

 

楽天だと8,000円以上するし・・・

 

amazonでも5,000円以上します。(汗)

 

男でも効果があるのか不安なのに、これだけの金額を出すのは勇気がいりますよね。

そこでおすすめなのが、定期コースで初回を定価の60%オフの2,240円で買う方法です。

 

意外と知られていないのですが、リプロスキンの定期コースには2種類あって、4回は継続しないと解約できない定期コースと、いつでも解約ができる定期コースがあるんです。

上の写真の、赤で囲んだ部分を見ると「いつでも定期停止が可能」と書いてあります。

 

いつでも解約できる定期コースで買えば、初回は安く買えるし、ニキビに効果が実感できなかったら2回目以降は解約してしまえばいいので、かなりお安くリプロスキンがお試しできるんですよね。

 

定期コースの解約も、電話しなくてもOK。Webから操作するだけで3分で完了するので、とっても手軽なんです。

くわしい解約方法は別の記事にくわしく書きましたので、ご覧ください。

>>リプロスキンの解約方法とは

 

このいつでも解約できる定期コースは、数量限定になっていますのでお早目にお申込みくださいませ。

いつでも解約が可能な定期コースはこちらです。

いつでも解約可能な定期コース
初回は60%オフの2,240円!
リプロスキン

 

 

   

   

 - リプロスキン