※口コミ集計※リプロスキンがニキビ跡に効果が出るのは4ヶ月目から

リプロスキンのことが全部わかる!

【手軽にできる!】リプロスキンの効果的な3つの使い方

リプロスキンの効果的な3つの使い方を紹介します。

使い方を少し工夫するだけで、リプロスキンの効果が飛躍的に高まります。

この記事で正しい使い方を覚えることであなたは、リプロスキンを使った時の浸透を何倍にも高める使い方がわかりますよ。

 

リプロスキンの効果的な3つの使い方

リプロスキンを効果的な使い方をするための一番のポイントは、リプロスキンの浸透を良くすることです。

せっかくニキビ肌に効く美容成分が配合されていても、お肌に浸透してくれなければ意味がありません。

 

そこで今回は、リプロスキンをお肌に浸透させやすくする使い方を3つ紹介していきます。

リプロスキンの効果的な使い方

洗顔で汚れをしっかりと落とす

毛穴を開いた状態でリプロスキンを使う

リプロスキン・手・顔を温める

 

使い方1)洗顔で汚れをしっかりと落とす

リプロスキンの使い方で一番重要なのは、洗顔で毛穴の汚れをしっかりと落としておくことです。

リプロスキンをつけたときに、毛穴に皮脂などの汚れが詰まっていると浸透が悪くなり、効果が出にくくなります。

 

特にメイク汚れが残っているとニキビの悪化にもつながるので、クレンジングもニキビに効果的なものを選ぶようにしましょう。

さらに、洗顔もニキビケア用のものを使うとより効果的です。

 

顔の汚をがしっかりと落とした状態でリプロスキンをつける使い方をすれば、効果が倍増します。

 

使い方2)毛穴を開いた状態でリプロスキンを使う

使い方のポイントの2つめは、毛穴が開いた状態でリプロスキンを使うこです。

そうすることで、リプロスキンがお肌に浸透しやすくなります。

 

毛穴は34度以上になると開くので、リプロスキンを使う前に顔の毛穴を開いておくことが重要です。

 

毛穴を開く方法はいくつかありますが、一番簡単なのはぬるま湯で顔を洗うことです。

ぬるま湯で毛穴を開いたあとに、タオルで顔の水分をふきとってからリプロスキンを使いましょう。

 

毛穴が開いた状態でリプロスキンつける使い方をすれば、効果が飛躍的に上がります。

 

使い方3)リプロスキン・手・顔を温める

使い方のポイントの3つ目は、「温める」ことです。

 

リプロスキン

これらすべてを温めたほうが、リプロスキンの浸透が良くなります。

 

リプロスキンを温めるといっても、まさかレンジでチンするわけにもいかないですよね(笑)

手と顔を温めるといっても、これもけっこう難しそうです。

 

でも、これらの問題を一気に解決する使い方があるんです。

「お風呂」です。

 

お風呂場というは、そもそも温かいので顔も手も温まります。

さすがにリプロスキンをお風呂場に持ち込むような使い方をするのは衛生的にNGですが、温まった手で顔につければ、結果的にリプロスキンも温まります。

 

さらに、お風呂場では毛穴も開いた状態になるので、一石二鳥の使い方なんです。

 

リプロスキンの使い方まとめ

 

リプロスキンの効果的な使い方

【使い方1】洗顔で汚れをしっかりと落とす

【使い方2】毛穴を開いた状態でリプロスキンを使う

【使い方3】リプロスキン・手・顔を温める

 

これらを総合すると、手軽にリプロスキンを効果的に使う方法は、お風呂の中で使うことです。

 

このようにリプロスキンの使い方を変えるだけで、リプロスキンの浸透がよくなって効果に驚くほどの差が出るかもしれませんよ。

ぜひ、試してみてください。

 

リプロスキンの他に、別の化粧水を併用する使い方もありますが、コスパの面からもあまりおすすめできません

まずは、今回紹介したリプロスキンの浸透を良くするような使い方を試してみて、それでも保湿などに不安があるようなら、他の化粧水と併用するような使い方を検討するのがよいと思います。

 

以上で、リプロスキンの効果的な使い方の記事は終了になります。

最後に、リプロスキンの口コミ420件を調査して効果を分析した記事もあるので、気になった方は一読してみてくださいね。

 

      2018/01/13

 - リプロスキン